英語のトリセツ

ゆとり世代の純ジャパ同時通訳者が最短で英語をマスターする方法を紹介しています

英語で時事をフォローする

TOEICのスコアが600程度を超えたあたりから、英語で時事をフォローすることをおすすめします。英語の教材は色々ありますが、なぜニュースがいいのでしょうか?

 

まず、ニュース記事は背景知識を利用して読むことができます。社会人であれば、ある程度は時事をフォローしているでしょうから、背景知識があるはずです。そういった意味で、ニュース記事は小説などの娯楽コンテンツよりも読みやすいのです。

 

また、英語を学ぶための教材と違い、ニュース記事では何度も同じ単語や表現が使われています。英語学習者のための教材で、同じ単語ばかり出てきては勉強にならないとクレームになってしまいます。しかし、ニュースであれば同じことが話題になっている限り、何度も同じ単語が使われるので、自然に覚えることができるのです。

 

では何を教材として活用すればいいのでしょうか?自分が好きなもので構いません。私は大学生のときは、日本の新聞社が出している週刊の英字新聞を紙で購読していました。週刊にしたのは、日刊だと分量が多すぎてとても読めないのと、購読料が学生にとっては高かったからです。

 

The New York Timesなどの英語圏の新聞の方がカッコイイと思われるかもしれませんが、初級者から中級者にとってはハードルが高いです。日本の英字新聞であれば、日本のニュースが英語で書いてあるので、背景知識のおかげで読みやすいです。また、日本人として英語で話すので、まずは日本のことについて英語で言えたほうがいいのです。

 

紙で購読していたのは、当時はスマホがまだ主流でなかったことが大きいです。自分にあった媒体で読むことをおすすめします。TwitterでThe Japan TimesやThe Japan Newsのアカウントをフォローし、気になったニュースを拾い読みするだけでもいいと思います。

 

私は気が散ってしまうのと、目が疲れるので紙媒体がいいのですが、英字新聞は広げて読みにくいので、今は英文雑誌を読んでいます。入浴中や寝る前などに30分程度読むことが習慣になっています。