英語のトリセツ

ゆとり世代の純ジャパ同時通訳者が最短で英語をマスターする方法を紹介しています

仕事<雑談

何度か書いてきたように、限られた仕事上のやりとりであれば、TOEICの点数がそんなに高くなくてもできます。600点くらいあれば、ポテンシャルは十分にあると言えるでしょう。

 

よく、英語で雑談くらいはできるようになりたいという声を聞きますが、実際は仕事で使う英語のほうが雑談の英語よりも簡単です。理由はいくつかあります。

 

まず仕事で英語を使う場合は、話す内容が限られてきます。自然と使われる単語も絞られます。また、仕事で使われるような専門用語は、日本語と一対一で対応していることが多く、誤解も生じにくいです。また、仕事という文脈も共有しているので、背景知識があり、理解もしやすいのです。

 

英語を聞き取る上でもっとも重要なのは、背景知識です。通訳の現場でも、社内会議などの案件は、通訳者が聞き取れないことをお客さんが聞き取れることがよくあります。それは固有名詞や専門用語をお客さんの方がよく知っているからです。

 

その一方で、雑談は難しいです。雑談は内容が多岐にわたります。ある案件で、本格的に会議が始まる前に、お客さんが外国人と雑談をしていたので、会話のサポートをしたことがあります。お客さんは「花粉症がひどいんですけど、花粉症って何て言うんでしたっけ?」とたどたどしかったのですが、実際に会議が始まってみると、財務の用語を流暢に駆使して、ほとんど通訳の出番はありませんでした。

 

雑談では相手が興味がありそうなことを考えて、話を盛り上げなければいけません。日本語でも難しい芸当です。しかし、仕事の場では、言わなければいけないことが自然と決まっているので、コミュニケーションも取りやすいのです。

 

また、仕事の場合はパワーポイントのスライドなど、補助的に情報を伝えるものが色々あるので、発音が悪い場合なども補うことができます。